4つの画像圧縮プラグイン比較した結果をリポート2019

4つの画像圧縮プラグイン比較した結果をリポート2019

画像タイプで違う圧縮結果

JPG 画像圧縮結果

プラグイン元サイズ圧縮後サイズ圧縮率 %自動リサイズ圧縮タイプ
EWWW3,129,2303,028,2563.32%nolossless
Kraken3,129,2301,084,54165.34%nolossy
ShortPixel3,129,230805,44774.26%nolossy
Imagify1,825,6811,083,94240.63%nolossy

PNG 画像圧縮結果

プラグイン元サイズ圧縮後サイズ圧縮率 %自動リサイズ圧縮タイプ
EWWW2.669,686831,26968.86%nolossy
Kraken2,669,686785,33470.58%nolossy
ShortPixel2,669,686868,34567.47%nolossy
Imagify562,568154,31072.57%nolossy

お勧めは?

無料の範囲で画像圧縮したい方はImagifyが良いでしょう。
過去の古いたくさんの画像をまとめて圧縮してあとは自動化したい人はShortPixel+ワンタイム10,000枚 9.99米ドルをお勧めします。


ShortPixelを使う上での考察

ShortPixelでは、ファイルサイズを制限することなく、月に100枚の画像を無料で最適化できます。

通常のWordPressメディアライブラリにアクセスして、個々の画像を手動で最適化することもできます。

ブログの画像を圧縮することは最大の選択肢ではありませんが、読み込みが速いブログは重要な側面です。多くのユーザーがこれを見逃している、それは読み込みの遅いページはユーザ逃しをもたらします。さらに、画像を圧縮すると、ホスティングの帯域幅も節約されます。
これは、メータリングされたWebホスティングを使用して自分のブログをホスティングする人に最適です。

私は多くのWordPress画像圧縮プラグインを使用/テストした結果、ShortPixelは明らかにすべての中で際立っており、WordPressブロガーの一番の選択の1つです。ShortPixelプラグインをインストールして設定すると、すべて自動化されます。

趣味のブロガーの100枚の無料画像圧縮/月はまともな数字です。専門ブロガーにとっては、毎月、あるいは1回限りのパッケージを購入するのが良い選択です。
私が初めて画像圧縮技術について調査したとき、私はワンタイムライセンス9.99ドルを購入し、私のすべての画像を圧縮しました。
結果は重要であり、私はすべてのWordPressブロガーに試してみることをお勧めします。私のお勧めは無料プランを使うことから始めて、圧縮後の画像サイズを確認することです。また、帯域幅の節約とともに、ページのスピードチェックをすることもできます。

ここから「ShortPixel無料APIキー」を入手して下さい。

関連する投稿が見つかりません...

最新の投稿

「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」の様々な解決方法

目次 1. 「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」の様々な解決方法をまとめてみました。原因はJavaScript 連結の問題やテーマの固有機能の問題そして未サポートの古いプラグインなどが主な原因のようです。2. ●WordPressの「Gutenberg」エディタ、「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」を解決。https://mlog.xyz/gutenbe続きを読む…

ページ内に「関連する投稿」や「最新の投稿」そして「人気の投稿」をカテゴリに合わせて表示できるプラグインのご紹介

ページ内に自動的に関連する投稿や最近の投稿そして人気の投稿を表示できるプラグイン「Relevant – Related, Featured, Latest, and Popular Posts by BestWebSoft」 サイドバーなどに「関連する投稿」や「最新の投稿」そして「人気の投稿」を表示してくれるプラグインはよく見かけますが、ページ内にこの3つを表示してくれるプラグインはなかなか便利で続きを読む…

お問い合わせ

お気軽に下のお問い合わせフォームからご質問をお送り下さい。