メディアなどを「フォルダ」で整理するプラグイン

メディアなどを「フォルダ」で整理するプラグイン

今回は、WordPressの画像をフォルダ管理できる、便利なプラグインをいくつか試したので情報提供します。

WordPressに使う画像は全てメディアライブラリに入りますが、数が増えてくると管理が面倒です。 メディアファイルをフォルダ分けできるプラグインは数種類存在しますが、すべてを試すには時間的に無理なので、主要なプラグインに絞って試しました。

結果として私は画像以外も整理できる「Folders – Unlimited Folders to Organize Media Library Folder, Pages, Posts, File Manager」を使っています。

Folders – Unlimited Folders to Organize Media Library Folder, Pages, Posts, File Manager
Folders – Unlimited Folders to Organize Media Library Folder, Pages, Posts, File Manager

『Folders – Unlimited Folders to Organize Media Library Folder, Pages, Posts, File Manager』 の良いところ

  • 項目をディレクトリに簡単にドラッグ アンド ドロップし、必要に応じてフォルダ ツリー ビュー (階層) の順番を変更できます。
  • 複数のフォルダにコンテンツを配置できます。
  • メディア(画像)だけでなく投稿記事や固定ページそして、それ以外のコンテンツまでも簡単に無制限にフォルダ、サブフォルダ(プロ版のみ)が作れて整理できます。設定画面でどのコンテンツでこのプラグインを表示させるのかは自由に選択できる。
  • メディアライブラリーとフォルダの画面サイズをマウスでドラッグして調整できる。
  • 左上の赤い矢印のところをクリックするとフォルダ画面を閉じることができるので、メディアライブラリーを元の画面サイズで確認できるのはこのプラグインだけかもしれない。(画面サイズが小さいノートブック型PCなどは便利でしょう。)
  •  操作を元に戻すボタンをクリックするだけで、フォルダ内の最後の操作を元に戻すことができます。
  • ページ、投稿、またはその他の投稿タイプにメディアを追加するときに、特定のフォルダーを選択できるので、素早くコンテンツ内にメディアを挿入できます。
  • 高度なメディア置換 – データベース内のすべての参照をアップロードおよび更新するときにメディア ファイルを置換し、日付を変更し、新しい日付で整理するなど、SEO を損なうことなく行うことができます。
  • フォルダに移動させても画像のURLは変更されない。(将来プラグインの使用をやめても何の問題も起きない)
  • FileBird、Enhanced Media Library、Wicked Folders、Real Media Library、WP Media Folder、HappyFiles (Happy Files)、および Mediamatic からフォルダー データをインポートできます。
Folders プラグインのライブ デモは、ありますか?
Folders プラグインのライブ デモは、Premio のデモ サイトで入手できます。

関連する記事

関連する最新記事

記事のステイタス管理に便利なプラグイン「Post State Tags」

投稿一覧に各記事のステータスを表示する地味に便利なプラグイン「Post State Tags」を紹介します。 Post State Tagsとは? 色や色のタグを使って、WordPress の投稿ステータスを目立たせて (下書き、承認待ち、先頭固定表示など)くれるプラグインです。 下書き、承認待ち、先頭固定表示などがひと目で分かるので、とても便利に使っています。 設定画面の一例です。 ダウンロード続きを読む…

お問い合わせ

お気軽に下のお問い合わせフォームからご質問をお送り下さい。
PAGE TOP